レース4か月前、距離を走らず速く走る練習をするわけ

Run

レース4か月前、そろそろ長距離走を増やしていきたいところですが、あえて今、長距離走はせず10キロ程度の短距離走をこなしています。

これは、

正しいフォームで走る

ためです。

正しいフォームを身に付ける

ためです。

どんなに速く走れたとしても、それが30km迄しか続けられないのでは、そのレースは失敗でしょうね。言い訳無用。

今年の自分がそうでしたが、どんなに周りから「頑張ったね」と慰められようが失敗は失敗です。

できるだけ、やれるだけやったのだから、それでよしと考えるかどうかはその人次第ですが…

自分は

マラソンは自分に出来る最速ペースで42.195km走りきるもの

と思うのです。

練習時、自分の今の走力以上の速度で走れば当然、息も切れるし、苦しいし、走る足に力も入らなくなります。

それでも

今日は5キロ、次は6キロと少しずつでよいので走りきれる距離を伸ばします。

同時に(一回の練習で両方を満たすという意味では)自分が走り続けられる最速ペースを上げていく必要があります。

レース4か月前の今、長距離を走る練習をするときではありません(今年の自分限定かも?)。

今はスピードの底上げ時期と割り切って短距離の高速走のくり返しです。

速く走る時は自分が決めたフォームを崩さないよう意識して走ります。

フォームが嵌まれば

速く走れる距離を徐々に伸ばします

日々もビルドアップ

(今、自分が認識できている)理想のフォームは、上半身を骨盤に乗せ(この感覚をつかむのには片脚立ちが役立ちます)、ふくらはぎを使わず(温存?して)走ること、です。

Run
公をフォローする
Milk.moo

コメント