さんざんだった30キロ走

Diary

あれ?見覚えのあるお顔、というか雰囲気が….うーん、違っていたら、まあまあ恥ずかしいぞ。でも確かにあの時のおにいさんな気がしてしょうがない。

https://milkmoo.info/race/kazahaya_10km_201811.html

#前回も栗田さん主催のイベント
参加されていてもおかしくない

きっとそう。声かけてみよう。

あの、違っていたらごめんなさい。
去年の風早マラソン走られました?

はい!

最後の2キロくらい
一緒に走らせてもらった…

あ~あのときの!

そう、あのときのおじさんです。とてもあなたのような若者を引っ張ることなどできませんけど、ちょっとだけ一緒に走りましたあのおじさんです。

おにいさんが自分と同じペース集団(3時間40分)で走っていたと知ったのは、このエイドでの数分の間のこと。

友達から「ブログに出てるよ」と聞いて
拝見させていただきました!

#げっ、本人に見られてるし…
めったなことは書けんなあ。汗

が、エイドの休憩時間はとっても短くただちに出発。おにいさんのお名前も一部しか聞き取れず。聞き返す余裕もなく。ゴールしたらもう少しお話できたらいいな。この時は呑気にそう思っていたが…かなわず。

というのが、平田の坂を越えた196号線のローソンを折り返した20キロ地点。これまで感じたことのない痛みが向こう脛に発生。

#この向こう脛の痛みは2日後、消えたので一安心(ホッ)

最初、この程度なら行けるところまで行こう程度だったのに、あっという間に違和感が増幅。(それをかばって変な走りになったから?)さらに呼吸まで苦しくなってきた。

ん?この苦しさは足の痛みのせいじゃないぞ。

もしや脱水?そうかも。上下長袖で長く走りすぎたかも。汗のしたたりが尋常でなかったし。次のエイドについたら脱ごう、とエイドの度に思いながら着続けて…もっと早くに脱いでおくべきだった。

途中、並走するランナーさんに「暑くないですか?」と言われる始末。「まあまあ暑いです。次のエイドで脱ぎます。」なんて余裕かましてるところじゃなかった。熱いならはよう脱げよってことです。

またやってしまった。なんでこう体調管理ができないんだろう。

今年は無理せず走りきる(可能なら30キロ超えてから全力走)などと甘い計画は全てチャラである。なんか、去年の繰り返しだなあ。

これを(無理やりにでも)前向きにとらえるためにはどうしたもんだろう。

今がピークではいけない。
ピークは本番に合わせればよい。

それしかない。

この30キロ走をもって本番まで30キロ走(ペース走)はしないと決めていたので、もうやらないが…

せめてピッチ190超のLSDで3時間走は2回くらいこなしておかないといけないな、と感じた。

気を引き締め直そ。

Diary
公をフォローする
Milk.moo

コメント