C-HR/車速連動オートロックキットの取付作業は思ったよりも簡単…がしかし…

C-HR

2019年10月登場の NEW C-HR にはオートドアロック(車が動き始めて時速15キロ前後になると全てのドアが自動ロックされる機能)が標準装備されているものと当たり前に思ってました。ところがありません。C-HRにはないんです。カタログを見てもググってもヒットしない。

ないはずない。仮に標準ではないとしてもオプションで付ければいいんだから。

がしかし、ないものはない。兎に角ない。C-HRにはオプションですら付けられないの。うそお。なんでこのクラスの車にないん?

確かにないと困るものじゃない。でもね、車が動き出してしばらくしたらカチャンと音がして全ドアが自動ロックされたら、何かしら高貴な香りがしない?え?しないの?

諦められないので自分で何とかします。購入したのはエンラージ製でハンドル下のコネクタ直付けするタイプのもの。6000円くらい。

Amazon | 株式会社エンラージ商事 TOYOTA C-HR 専用 車速連動オートロックキット C-HR ZYX10 NGX50 車速ドアロック/Pシフトでロック解除 ユニット | 車用ロック | 車&バイク
株式会社エンラージ商事 TOYOTA C-HR 専用 車速連動オートロックキット C-HR ZYX10 NGX50 車速ドアロック/Pシフトでロック解除 ユニットが車用ロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ちなみにOBD端子取付タイプというハンドルの下方にしれっと用意された白いOBD端子っていうのにポコッて取り付けるだけという、スペシャル簡単にオートドアロック機能を実現してくれる夢のような(?)商品もあるにはある。

今回、このOBD使用機器(車に命令を出すタイプ)は使いません。

実際のところ、OBD取付型の商品は色々出てます。レーダー探知機とかHUD(ヘッドアップディスプレイ)とか、とても便利そうなものが一杯。確かにOBD取り付けならポンっで作業完了なので、こんなに幸せなことはないように思えます。

ですがOBD2端子の残念なところ、機器を一つしか付けることができない。(つまり)複数の機器(例えば、オートドアロック機能とレーダー探知機の2つ)を同時に接続できない。

これを(無理矢理)同時接続(数珠つなぎ)するためにOBD分岐ケーブルというものも販売されてます。2つ3つのOBD利用機器を同時に使えますよー~という触れ込みで。

ディーラーさんに、たとえ1つの機器であってもOBD端子には(ユーザーは)何も取り付けないでくださいといわれました。

ユーザーがOBD端子を使った場合、どんなトラブルがあっても一切保証されないという覚悟が必要のようです。

OBD端子は基本、車屋さんが車のメインテナンスに使う端子なんだそうです。ユーザーが「いや~ん便利ぃ~」と使うために用意されたものではない(らしい)。だから使わないで欲しいということです。

でもねえ。そこまで言われちゃうとむしろやってみたいという気もしなくはない。でも今回は(今のところ)そんなリスクをとってチャレンジするほどでもない。コネクタ直結なので。

リスクがないわけじゃないよね

この商品、対象がZYX10と書かれているけれど、2019年10月マイナーチェンジ後のZYX11 でも動作しました(メーカーサイトにも表記されていたと思う。思ったから買ったんだけど)。

メーカーサイト見ておいてね

TOYOTA C-HR 専用 車速連動オートロックキット【ネコポス便発送でお届け・ポスト投函】 / エンラージ商事オフィシャルショップ

先にも書きましたがコネクタ接続といっても作業ハードルは低い方(個人の感想です。自己責任でお願いします)です。このオートドアロックシステムはとてもシンプルな作業で完了します。バッテリーを無効にしておくことすら必要ないです。ただし、手順を誤ってはなりません。偉いことになります。それに「ドライバ使うのも嫌なんだけど」な人にはそもそもできないです。

あなたが慎重を期す人であるなら、バッテリーを抜きながら作業していただいてもかまいません。より安全に作業を完了させることが可能でしょう。が、バッテリー入れたり、切ったり、まあまあ忙しいです。自分はバッテリー外さず作業しました。

作業内容として、最初にエンジンをかけハンドルを回す必要があります。なので最初からバッテリーを切っておくことはできないんです。

以下、2019年10月マイナーチェンジ NEW C-HR で作業します。
エンジンを始動してください。
ハンドルを回し、ハンドル奥の右のねじを外します。

ハンドルを回し、左のねじも外します。

これでステアリングコラムカバーが外すことができます。

カバーの両横を若干内側に押し込むとカチッと音がしてツメが外れます。車両後方へ引きながら下に引く(手前側を先に外す感じ)とステアリングコラムカバーが外れます。

▼このピンを外します。

ツメで引っかかっているので無理矢理引き抜こうとすると痛みます。ツメを押し込みながら軽い力で引き抜くことができるはずです。

機器を数珠つなぎにつなぎます。

オス・メスがあるので普通は間違えようがありません。笑

機器本体の両面テープで干渉しない位置に貼り付けます。

あとは、ステアリングコラムカバーを元に戻し、エンジンを入れハンドルを回しながら2つのねじを締めて仕舞いをします。

(ついでに)この装置には4つのディップスイッチがあって、いくつかの動作モードを切り替えることができます。

といってもC-HRでできることは以下の2つです。

  • Dシフトでロック または 時速15kmでロック の切替(選択)
  • Pシフトでロック解除 または エンジンオフでロック解除 の切替

自分は、時速15kmでロック、Pシフトでロック解除にしましたが、より安心を選びたい人はエンジンオフでロック解除がいいかもしれません。車種によってはハザードをコントロールすることもできるようです。

と、こんなに簡単設置のはずなんですが、しなくていいことをやらかしてしまいました。

皆さんは、ここで完了と思っておけば大丈夫です。自分はこのあと余計な(?)ことをしてしまったわけです。

ああ、恥ずかしい。

動作確認のためエンジンをかけました。

クリアランスソナー使用できません」のメッセージと共に、見たことのない(乗り出して4日目なんだから見たことのないものだらけで当然だけど…)オレンジのランプが点滅していたのです。

クリアランスソナーって何?
使用できないってどういうこと?

これって警告?やばい感じですか?

恥ずかしい話へと続く…

C-HR/クリアランスソナー使用できません の表示に焦る
車速連動オートロックキットを無事(?)取り付け終わり、エンジンを起動した直後、C-HRの液晶画面(マルチインフォメーションディスプレイ)のエラーメッセージと共にオレンジの警告灯が点滅を始めた。 まずいよ。点滅って普通いけない感じになっ...
C-HR
公をフォローする
Milk.moo

コメント